インクカートリッジとのくやしい戦い

インクカートリッジって、どうして最後まで使いきれないんでしょう。

年賀状などのカラー印刷をすると、プリンターはすぐインクが無くなったから交換するようにコメントが表示します。でも、プリンターを開けて、インクカートリッジを取り出すと、大抵まだまだインクが入っているように見えるんですよね。あれってどういう事なんでしょう。

1回交換してというコメントが表示されたからって、すぐに新しいインクカートリッジには交換する気になれません。だって、いっぱい入ってるやん!?て思うんですもの。なので、インクカートリッジをブンブン振って、遠心力でインクを集めて(集まるように念じて)またプリンターに戻すんです、いつも。

すると、案外また印刷ができるようになります。でもまぁすぐに、交換してくださいとコメントが再表示されてしますのですが。くやしい。くじけてなるものかと何度も振り振りして戻すのですが、結局、まだインクが入っているように見える状態で新しいインクカートリッジに交換することになります。

あ~、最後まで使い切りたいんです。まだまだいっぱいインクが出そうなのに。あれって、インクじゃないんですか?毎回、くやしい思いをしてしまいます。誰か、最後まで使い切れるインクカートリッジを開発してくれないかなと思います。