環境のためのインクカートリッジ

安価な価格で家庭用のプリンターが購入できる時代になっています。パソコンを購入する時など一緒にプリンターも買ったという方は少なくないでしょう。

実ははじめに購入する時などはインクカートリッジが満タン状態でないことがほとんどです。そのためプリンター購入時に同時にカートリッジも買うという方は多く、お店の人はメーカー純正のインクカートリッジを勧めてきます。

ですが店内のカートリッジを見ていただくとわかると思いますが同じ機種に使えるカートリッジでも純正と比べて非常に安い互換タイプのカートリッジが販売されています。

純正以外は保証しないなどといった事がプリンターの説明書に記載されていたりしますが、実際使用するとほとんどの方が遜色なく使えているのが実際のところです。

資源の削減が叫ばれている昨今インクカートリッジのリサイクルは非常に環境にも良いわけですからこれからも技術進歩によってどんどん互換カートリッジの品質は上がっていくでしょう。

とはいっても純正品のほうが安心という方もいらっしゃるでしょう、もちろん純正品を使うことが間違っているわけではありません。

長い目で見ると純正品のほうがプリンターの寿命も伸ばしている可能性はあります。純正品を使うことが悪ということはありません。リサイクルの気持ちが大切です。

店舗にある使い古しのカートリッジ回収ボックスになくなったインクカートリッジを廃棄するといったことは最低限行いたいものです。